「保湿化粧水」を使っているけど全く肌が潤わない。プルプルとは程遠く、カサカサの乾燥肌が治らない…

量販店に販売されているものから、ネット通販にあるもの、あらゆるものを使用してきたけど「目元の小じわ」「口元の小じわ」「深いほうれい線」が全然消えない…

深層部の保湿が出来なければ、
どんな美容液を使っても乾燥肌は改善されません

実は、乾燥肌で悩まれている人のほとんどは、皮膚の表面しか保水ケアをしていません。

皮膚を潤わせるには「水分量」これが一番のポイントになります。
皮膚の水分量を保つために重要なのは、皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つです。
肌の水分は23%が皮脂膜、1718%が天然保湿因子、残りの80%は角質細胞間脂質(セラミド)といった割合で保たれています。

確かに、表皮にある皮脂膜にも水分量を保たなくてはいけませんが、最も重要なのは皮脂の内部にある角質層。ここが潤わなければ一生乾燥肌は解消されません。

特に、質の悪い化粧水の場合、「深層部まで水分が浸透できない。」「浸透したとしてもすぐに蒸発されてしまう。」などが考えられます。正直、これでは保水ケアを行う意味は全くないです

カサカサの乾燥肌を放置するのは老け顔の原因です。

人体の水分率は60%以上です。
そのため、私たちはほとんど水でできているといっても過言ではありません。

水分率を60%以上に保つことは心身の健康はもちろんのこと、お肌にとっても無視はできません。

例えば、水は栄養を運んだり、細胞の入れ替わり、つまりは新陳代謝を促すうえで必要不可欠なものです。

もし、体の水分量が減るとこれらに影響が生じます。
それは、肌も同じことです。
特に、加齢を伴うとこの影響は大きいです。

20代までなら比較的何もしなくてもお肌は「プルプル」「つやつや」を維持できても30代を過ぎると一気に乾燥…という経験はありませんか?
これは肌水分率の低下によるものです。

肌の水分率が低下すればガサガサになり、表皮の隙間が開きそこから水分が蒸発しやすくなるため少しの乾燥も悪循環を招くことになります。

新陳代謝もうまくできないので、細胞の入れ替わりに影響が出ます。
本来ならシミ、シワは自然に解消されるはずですがこのサイクルが狂うことでこ解消されなくなります。

いつまでも20代のお肌をキープ
ヒアルロン酸の130倍のパワーを持つプロテオグリカンとは

昔、化粧品に入っているうるおい成分といえば「コラーゲン」でした。しかし、そのコラーゲンよりも保湿力が高いとされているのが「ヒアルロン酸」です。

ところが、現在、最も保湿力が高いといわれている成分があります。それが、「プロテオグリカン」というものです。

プロテオグリカンには、「グリコサミノグリカン」と呼ばれる糖が豊富に含まれています。これが水分の吸収率が非常に優れているため肌の保湿はもちろんですが、関節など刺激がかかりやすいところにも点在しており外部からの衝撃から身を守ってくれます。

どんな化粧水も同じでは
いいえ、TERVIS AQUAPROTEOは違います

一般の量販店などに販売されている化粧水の場合、表面だけ潤いを与えることはできたとしてもすぐに蒸発してしまいます。

もちろん、乳液でパックを行うなどの方法もありますがそれも限界があります。それであれば、初めから蒸発しにくくしっかりと肌の深層部まで浸透してくれるプロテオグリカンが入っている化粧水を使用したほうが早いです。

プロテオグリカンのすごいところは、EGF様作用が期待できるところです。もともと人は自然本来の力で健康的な生活を送ることで肌の潤いをキープすることができます。

ところが、加齢伴いホルモンの分泌も低下していきます。これにより、何もしなくても乾燥肌とは無縁の状態から一気に乾燥しやすいガサガサ肌へと変貌してしまうのです。

そこで、プロテオグリカンのEGF様作用です。正常な新陳代謝を保つため肌サイクルも若いころに近い状態へ再現することができます。

これによって、水分量を一定に保つことができますし、細胞の入れ替わりも行われることで、シミ、シワなどの解消されます。

TERVISアクアプロテオは偽物ではなく本物のプロテオグリカンで作られた美容液になりますのでこれまでどんな化粧水を使用しても乾燥肌が改善されなかったというあなたにもおすすめです。

モデルの肌も満足させる
96の人が潤いを実感した真実とは

そんな、美容液あるの
あります。
しかも、プロテオグリカンがたっぷり入ってます。

それが、
TERVIS AQUA PROTEOです。

うるおい実感度96%
口コミ5.5(@コスメ調べ)
医学的根拠

実際に使用してみました

手のひらサイズでとても持ちやすいです。これならいつでもどこでも持ち運びがとても楽。自宅でも、職場でも、外出先でもカバンの中から取り出してサクッと使えます。

固くありません。
プッシュも簡単です。

手に垂らしてみました。
水のようにサラサラでスッと浸透しちゃいます。

本当にすごいことだと思うのですが使った瞬間はだがプルプルになるのが実感できます。

安くてよいものはありません。
セレブがきれいなのは高価な美容液を使っているからです。

よく、化粧水に対して妥協する人がいます。安い化粧水のほうがたくさん使えるから。安い化粧水のほうが続けやすいから。

という理由で薬局、100円ショップで非常に安い化粧水を選ぶ人も多いです。しかし、安いものには安いものの価値しかありません。

先ほどの話ではありませんが、せっかく保湿を行っても毛穴から水分が蒸発してしまう…使っている割には全然効果が実感できない…

結局、「使わないよりはマシなのではないか」「効いているか効いていないかわからないけどとりあえず気持ち程度で使う。」

これって正直全く意味がないですよね。それに、なぜ、薬局や量販店で販売されている化粧品が低価格で購入できるかわかりますか

大手企業は自社工場を持てます。そのため、低コストで大量生産を行うことができるのです。すべてがそうだとはいいませんが、元々低品質のもので製造されている化粧水です。使っても効果があるわけがありません。

なので、化粧品を選ぶ際のコツとしては「一定ラインの品質」これを考えてください。
もちろん、値段が高ければ高いほど良いわけでもありませんが、保湿を考えるならやはりプロテオグリカンは入っているものを選ぶべきでしょう。

しかし、そのようなことはいっても、高価なプロテオグリカンに手を出すのはなかなか難しいかと思います。

プロテオグリカンは1g3,000万円の高級美容成分…しかし、TERVIS AQUAPROTEOなら2か月分6,000円で提供

通常、プロテオグリカンといえば超高級成分です。なんとたった3000万円冗談抜きでセレブにしか使えない高級成分です。ところが、『TERVIS AQUAPROTEO』は、それを特許技術によりサケの軟骨から抽出することで、2か月分わずか6000円で使えるんです。

ヒアルロン酸130%の驚きの保水力

注目成分のプロテオグリカンは、もともと人の肌に存在する保水成分なので、その保水力はヒアルロン酸130%にも及びます。乾燥肌の原因である肌の水分蒸発を抑えてくれるというのが他の化粧水とは違うところです。私も乾燥肌なのでこれは気に入っています。

コラーゲンより凄いいつまでも20代の肌

30代を過ぎると肌サイクルも乱れてくるらしいです。これにより乾燥肌、老け顔になるのですが…TERVIS AQUAPROTEOに入っているプロテオグリカンのEGF作用は、乱れた肌の新陳代謝を整えてくため、何時までも20代のようなぴちぴち肌をキープしてくれます。

コストパフォーマンス抜群の美容成分

プロテオグリカンだけではありません。プラセンタ、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など潤肌に必要な美容成分がたっぷりと入っているのにこの値段は安いです。

敏感肌にもおすすめ5つのフリー処方

無香料・無着色、石油系界面活性剤フリー、鉱物由来原料フリー、パラベンフリー、アルコール(エタノールフリー)。特に、アレルギーやアトピー、敏感肌の方は合成物質が入っていると肌荒れになりやすいです。私も敏感肌なので気軽に使えてうれしいです。