提供元:森下仁丹株式会社

おなかの調子を改善したい!と思い、まずはヨーグルトから食べ始める方は多いと思います。
世間一般的に「ビフィズス菌」が腸内環境の改善に効果的と知られているので「ビフィズス菌を摂るならヨーグルトかな?」と思い、食べる方も多いのではないでしょうか。

そんな方の為に、そもそも「ビフィズス菌」がなぜ腸内環境に良いのか?簡単に解説します!

そもそもビフィズス菌とは?

ビフィズス菌とは一体何かご存知でしょうか?
また、私たちの味方をしてくれる腸内細菌は色々と種類があるようですがこれらは一体何が違うのでしょうか?

ビフィズス菌ってなに?

人間の腸内に棲息する有用菌の一種です。
もともと私たちの腸内には、数百から千種類の菌が棲息していると言われており、その中で体に良い影響を与える「有用菌」や悪い影響を与える「有害菌」などが、常にバランスを保ちつつ棲息しています。

日々の不摂生や加齢、ストレスによって、腸内細菌のバランスが崩れてしまうとも言われています。
腸内に棲息する有用菌のひとつがビフィズス菌です。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いって?

ビフィズス菌は広い意味で乳酸菌の一種とされることもありますが、生物学的な分類では、ビフィズス菌と乳酸菌は異なるものです。

乳酸菌は、糖を分解して「乳酸」を作り出すことができます。ビフィズス菌も同様に「乳酸」を作り出すことができますが、乳酸菌と異なる点は「酢酸」や「ビタミンB群」なども作り出すことができるところです。

ビフィズス菌の種とは?

自然界に棲息するビフィズス菌は、約30種に分類されると言われています。
その中で人の腸内に棲息するビフィズス菌が5~10種類。その中でも今回はロンガム種BB536に注目したいと思います。

ビフィズス菌を摂取することでお通じが良くなるの?

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を食品で摂取することで、どんな変化が現れたかをヒト試験に着目して、公表されている学術論文を調査しました。

※「ヒト試験とは?」健康食品やサプリメントについて、有効性や安全性を客観的に示すためのエビデンスを取得するために、ヒトを対象として行う試験のことです。

学術論文によると、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を食品で摂取すると、便の回数に様々な変化が現れるようで、2週間で比べると排便回数が増加していることがわかりました。

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を含むサプリメント

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)は、森下仁丹のヘルスエイド® ビフィーナEX(エクセレント)に含まれています。

習慣的にビフィズス菌を摂りたい場合、サプリメントなら手軽に飲むことができます。例えば、朝食を食べるタイミングで飲むようにすれば、毎日同じ時間ですので忘れずに飲むことができますね。

創業120年以上の森下仁丹株式会社がお届けするヘルスエイド® ビフィーナEX(エクセレント)は、1袋にビフィズス菌(ロンガム種BB536)が100億個含まれており、ビフィーナシリーズでは、最大の菌数を誇っています。お腹の調子に合わせて商品を選んで欲しいのですが、100億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)が配合されたヘルスエイド® ビフィーナEX(エクセレント)はオススメです。

さらにヘルスエイド® ビフィーナEX(エクセレント)は、機能性に関する科学的根拠や成分、原料の安全性について消費者庁に届出した「機能性表示食品」です。安心して飲むことができますね。

【商品名】
ヘルスエイド® ビフィーナEX(エクセレント)

【届出表示】
本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)が含まれております。ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されております。

【届出番号】
C18

【提供会社】
森下仁丹株式会社
会社情報
プライバシーポリシー