「腸の健康のために毎日ヨーグルトを食べる。」「食後には必ずヤクルトを飲む。」「ヨーグルトにはちみつをかけて食べる。」など健康志向の高い方であればヨーグルトを好んで食べている人も多いですよね。

でも、ヨーグルトを食べているけど、そんなに効果が実感できないなんてことありませんか?

「一体どれほど食べなければいけないのだろうか・・」

実はヨーグルトからビフィズス菌を摂るとなると結構な量を食べる必要があるかもしれません。

毎日500gのヨーグルトを食べ続ける必要があるかも

ヨーグルトを食べてビフィズス菌をまともに摂取するとなると、体質や体格によって異なりますが、毎日200~500gほどは必要になるといわれています。それに、動物性脂質の摂り過ぎで腸内環境が悪化する可能性も考えられます。その他の食品から摂るのはどうでしょう?

ビフィズス菌が含まれている食品といえばヨーグルトのほかに、チーズ、キムチ、納豆、味噌などの発酵食品が挙げられます。しかし、これらから摂取するとなるとヨーグルトと同様毎日相当量食べないといけないのです。

残念ながら腸内のビフィズス菌は加齢とともに減少していきます。

免疫細胞の60%は腸内に存在するといわれています。

その免疫細胞を活性化させるのがビフィズス菌をはじめとした善玉菌です。私たちが常に健康でいられるのもこういった腸内菌の存在は無視できないのです。

ところが、生きている中で、ストレス、たばこ、飲酒、生活習慣、加齢など様々な要因が重なりビフィズス菌は減ってしまいます。

実際、私たちが生まれたころはビフィズス菌の99%は腸内に生息。それが成人を迎えるころには10%まで減少。

さらに、高齢者になれば、たった1%しか残っていないというのです。

そのため、ビフィズス菌が減らないような生活習慣を心がけるとともにサプリメントなどで腸内のビフィズス菌を一定数までキープしておくことが大切なのではないかと思います。

ビフィズス菌はサプリメントで摂取するのが効率的。

ヨーグルトからビフィズス菌を摂る場合、毎日200~500gも食べないと効果がみられるほどではないのです。それに、最悪は動物性脂質の摂り過ぎで腸内環境が悪化する可能性も考えられます。それでは、その他の食品から摂るのはどうでしょう?

ビフィズス菌が含まれている食品といえばヨーグルトのほかに、チーズ、キムチ、納豆、味噌などの発酵食品が挙げられます。しかし、これらから摂取するとなるとヨーグルトと同様毎日相当量食べないといけません。

これも現実的に考えて難しいのですよね。そこで、水と一緒に飲んでオーケー。
サプリメントから摂取すればよいのではないでしょうか。

ビフィーナEXでビフィズス菌を効率よく摂取する

ビフィーナEXとは、創業80週年の森下仁丹株式会社が開発した腸内改善サプリメントです。ビフィーナシリーズの中でも最大のビフィズス菌数を誇っております。

1.シリーズの中でも圧倒的にビフィズス菌含有率が高い

ビフィーナにも種類があります。姉妹商品で「ビフィーナS」「ビフィーナR」というサプリメントがあります。

ビフィーナRは25億、ビフィーナSは50億です。それに対してビフィーナEXは100億個のビフィズス菌が含まれています。

2.ビフィズス菌は100億個も必要ですか?

ビフィズス菌のサプリメントを選ぶ際に大切なポイントとなるのはやはり含有量です。

なぜなら、ビフィズス菌は摂取したからといって、それが、ずーっと腸内に生息するわけでもないからです。生活とともにそれは消費されていきますし、ストレス、喫煙、飲酒、脂質の多い食事でもビフィズス菌を減らしてしまいます。

一方で、不健康な生活とは対照的に健康的な生活を送っている人にもビフィズス菌は必要です。

それは、排便を行えば大量のビフィズス菌が体外へ排出されるからです。この段階でたくさんのビフィズス菌を消費していることになります。

>>もちろん、体調、体質に合わせてビフィズス菌の摂取量を選択するのは理想的といえますが、特に生活習慣が乱れているという方は100億個のビフィズス菌が含まれているビフィーナEXをおすすめします。

3.ビフィズス菌が腸内環境を解消する秘密とは

ビフィーナEX使用されているビフィズス菌はロンガム種BB536といわれるものです。ロンガム種BB536の摂取の実験では腸内フローラを良好に保つことがわかっています。

4.飲みやすくて飽きない

サプリメントで飲みやすさというのも重要です。いくら効果があるからといってまずいものを飲み続けることは苦しいでしょう。爽やかなレモン風味でおいしくいただくことができます。